美容室繫盛店のキーワードはパーマ

2018.02.12

パーマは美容室の決めてになる

1.ヘアデザインをカタチにするオリジナルティ 2.接客面の感性も必要

パーマが希望通りにかけるにはヘアデザイン力いがいにも、
お客さまの話を聞き理解し提供する包容力が大切です。
グーグルアナリティクスをみると「パーマの巻き方」など検索するカウントが多く、

パーマ技術に対する潜在的な疑問や方法など、
迷いのある美容師さんが多いようです。
パーマのロングはカットや薬剤ですが、大人世代のパーマは接客面でのフォローも大きい。

1.ヘアデザインにカタチにするオリジナルティ

希望するパーマデザインを提案するには技術とケミカル(薬剤知識)がポイント。
カットはカタチと削ぎでパーマのボリュームを小さくし、
薬剤の前と施術の水分に浸透をマメにすることが大切です。
※ロッド巻きの施術中にペーパーもしっかり水スプレーで水分を浸透させる。

薬剤が毛先まで浸透することで繊細な「毛先のカール表現」を出すことが可能です。
パーマ剤が必要以上に塗布することで髪も傷めるので注意が必要です。
パーマはこのカットはカタチと削ぎ施術の水分に浸透によって結果に反映します。

2.接客面の感性も必要

大人世代の方は毛髪診断とお客さまの要求するヘアを聞き出すコミュニケーション能力が大切。
美容師の細かな気配りができる接客面でのフォローです。
パーマを希望の通りに仕上げることと、信頼できる安心感が必要です。

美容師の自覚というか常にストウィクな態度のような精神状態に、
お客さまを飽きさせない自身の人間性を高めること。
人間性は測りではかれないので、常に体調を整えことも要素も考慮しましょう。

マンスリークーポン
ネット予約