初めてのご来店の接客術(美容室)

2018.03.20

コミュケーションで緊張をときリラックスを促す

1. 第一印象の印象をよくする 

美容師にとってヘアデザインを作ることが大切ですが、それにはお客さんとの信頼関係です。初対面で好感を持たれるようにするためには、相手(お客様)の好印象には努力と知識が必要です。アシスタントやスタイリストまで参考になる接客術をまとめてみました。

1.第一印象の印象をよくする

1.表情(笑顔)豊かにお迎えする・・

初めて会った人に能面のような無表情では好感を持たれることはありません。

2.メイクでキレイにお迎えする。

疲れた顔や寝顔を起きたばかりや、女性がノーメイクでお客さんにサロンに立つこともNGです。

3.香りでお客さんをお迎えする。※自然な香水

お客さんとはシャンプーなど密接になることが多いので、体臭によって不快感を与えることは許されません。

4.心地よい声と張りのあることば

トーンや張りのある声でわかりやすい言葉を発する。

5.ファッションセンス

ヘアスタイルつくる中でも美的センスやバランス感覚がとっても大切です。  

6.動作はキビキビ

手際よさは施術のスピードによって早く正確なリズムが生まれます。逆に動きが鈍いと仕事のペースも遅くなり見ていても美しくありません。

7.清潔感

人を見るときとくにサービス業の場合は、とくにキレイな洋服とイメージアップにはきちんとした印象が大切です。

マンスリークーポン
ネット予約