ヘアセミナーの効果的な受講方法

2018.06.10

若い美容師さんは苦手部分を克服(実技を練習)ベテランは見て覚える(確認)

1.若手はレッスン付きセミナー 2.店長・オーナークラスは見て覚える

美容師が対象のヘアセミナーはディラー、メーカー、しんびようなどのメディアなどの選択肢があり、
勉強が必要な部分を見極めてヘアセミナーを受講する。
アシスタントからスタイリストまでは実技+へアセミナーが効果的です。

ベテランは基礎ができている場合が多いので見て感じ考えるヘアセミナーがgoodeでしょう。
見て覚えることで考え応用的な技術力が向上します。
スタイリストの場合は基礎的な技術よりも応用力がヘアサロンで求められるます。

1.若手はレッスン付きセミナー

仕事を覚えるという意味ではいまほど良い時代はありません。
家で勉強したければYouTubeや美容本など手軽にレッスンが可能で、
自分の不得意分野はディラーやメーカーなどへアセミナーのアプリで参加が可能です。

アシスタントとスタイリストの対象の実技と技術のヘアセミナーもありますし、
ヘアセミナーでは物足りない場合は補うヘアセミナーを受講しましょう。
ヘアサロンによっては外のセミナー禁止のヘアサロンもありますが、

納得できない技術があれば積極的に受講されたほうが技術に幅が広がります。
質を高めることが大切な時代だからです。

著名なヘアサロンのヘアセミナーなどみても技術が平均的なレベルのヘアサロンもあります。
もちろん著名なヘアサロンは総合力でトップサロンとなっているので技術だけではありませんが、
そういった意味でも技術的なヘアセミナーを受講する価値はあります。

2.店長・オーナークラスは見て覚える

ベテランはレッスン付きのヘアセミナーよりも見て覚えるほうが効果的。
不得意な分野を確認し実技を受講する必要もあるけど、応用力が要求される見て覚えることがより大切です。
ベテランは基礎力があるので考えて覚えられるからです。

メディアで開催されているしんびよう「ライブセミナー」はおすすめですね!
著名なサロンの幹部クラスが目の前で施術します。ヘアカラーパーマなど実践で使えるヒントが隠されています。
普段の仕事の中で疑問な点や仕事の幅など役立つことが見て確認できます。

しんびようのライブセミナーは見て覚えるには環境が整っていて、
トップクラスの施術をみられることは十分に成果が期待できます。

自分は何度かセミナーに参加しましたが、仕事を見てすぐにサロンで使ったのを覚えています。
アシスタントやスタイリストが成り立ては見るものが勉強です。

ムダなヘアセミナーもありますが、
ヘアセミナーの内容を把握し参加することで仕事の幅が広がります。

■ヘアセミナーリンク先一覧

1.きくや美粧党ヘアセミナーこちら⇒
2.ガモウ ヘアセミナー・コンテスト・イベントこちら⇒
3.ロレアルジャパンこちら⇒

4.しんびようこちら⇒

 

マンスリークーポン
ネット予約