ハイライト&ウィビングを効果的に入れる方法

2018.07.09

髪質・世代・ベースヘアカラーの組み合わせがハイライト&ウィビングのポイント

1.ハイライト&ウィビングに注意すること 2.ハイライトとベースヘアカラーの相性 3.バレイヤージュとウィビングのちがい

ハイライト&ウィビングは年代問わずに効果的に入れる方法があります。
ハイライトは若い世代に入れることが多く、ウィビングは大人世代が多い施術です。
ハイライトは比較的リーズナブルですが、ウィビングは高額なメニューが理由のようです。

1.ハイライト&ウィビングに注意すること

根本付近は発色が水分や脂質がたっぷり含んでいるので、ブリーチ剤を配合する場合は根本が明るくなる。
ブリーチ剤と他のヘアカラー剤の配合を変えたり、根本付近はハケをためずに寝かしながら塗布。
ハイライト&ウィビングいずれも注意する。

ロングヘアの効果的なハイライト方法は耳回りにスライス太目にスライスします。
スライスが薄すぎるとベースヘアカラーとの陰影の差がなくなって目立たない状態に。
ベースヘアカラーが10トーンであれば少なくても、ハイライトは12トーン以上の明るさが必要です。

2.ハイライト&ウィビングとベースヘアカラーの相性

ベースヘアカラーがアッシュ系にはハイライトやウィビングは暖色系である、ベージュ系やオレンジ系が効果的です。
色彩が寒色と暖色で色のちがいが表現できます。
灰色ベースヘアカラーとうすい明るいハイライト&ウィビングも相性がいいです。

ハイライトのブリーチ剤に色味を加えるヘアカラー剤との割合が大切です。
髪質・世代・ベースヘアカラーの組み合わせを考えレシピを考えます。
大人世代は金銭的余裕のある人はウィビングはおしゃれ感がプラスできます。

大人世代のハイライトはブリーチ剤との調合バランスを考え、ベースヘアカラーとの陰影が大切です。
ホーユーから出ているダニエルギャルビンは、「ウィビング」用のブリーチ剤で配合する過酸化水素水の濃度がうすく、
髪への負担も軽くブリーチ力も弱い。一定のパワーもあり計算ができるヘアカラー剤です。

ロングヘアの効果的なハイライト方法は耳回りに、スライスし太目にスライスします。
スライスが薄すぎるとベースヘアカラーとの陰影の差がなくなって目立たない状態に。
ベースヘアカラーが10トーンであれば少なくても、ハイライトは12トーン以上の明るさが必要です。

3.バレイヤージュとウィビングのちがい
ハイライトやウィビングの他にはバレイヤージュなど表面に陰影を施すテクニックもあります。
バレイヤージュはフランスやイタリアなどでよく使われる技法です。ウィビングはイギリスが主に使われる。

メニューコストは3つのテクニックの中でもリーズナブルです。
ほうきで掃くという意味「バレイヤージュ」ですが、髪の表面をハケの毛先に塗布し陰影をつく技術です。
費用もリーズナブルで持ちもよい。ウィビングは細かく筋をいれ幾何学てなカットラインに生きる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンスリークーポン
ネット予約