美容室は気配りにを最後まで

2018.08.15

お客さまのタイプを知り最後まで気配り

1.心理学的能力と真剣に対応する 2.個性と確かな気使いができる美容室

初めてご来店の方も、顧客で長くご来店の方も、飽きさせず気持ちよくお帰りなってもらう。全てスタイリングまで真剣に対応するかにかかっている。
普段からどんなタイプのお客さまでも 見極め対応する必要があります。

1.心理学的能力と真剣に対応する

理論がわかってはいるのですが、とてもむずかしいくスタイリストが鍛えることが大切です。常に問題意識を持ちお客さます。

美容師は技術が大切なのはいうまでもありませんが、お客さま一人一人にあった気づかいが大切です。

お客さまとの心理は顔の表情やしぐさに隠されています。特に人間は言葉の内容よりも、スタイリストの態度や顔の表情に気持ちが動きます。人間はお客さまもスタイリストも゛目の動き゛に本質が出ると言われています。

自然に出るしぐさや態度が、顔や目の動きを十分に気をつけお客さまにあたることが大切です。

2.個性と確かな気使いができる美容室

価格のリーズナブルな美容室や、大型サロンでにぎやかな雰囲気の美容室や、職人芸のある美容室などさまざまなタイプを選ぶことができます。

だからこそ個性のある美容室が貴重になってきます。では、個性とは?仕事を真剣に取り組み技術を高め、カウンセリングの技術を高めることです。

ファッションセンスのあるヘアデザインを生み出すことだけではありません。お客さまに側に立ってお客さまに気配りがあってこそ、個性的な美容室と言えると思う。

お客さまあっての美容室ですので、お客さまの気持ちをこたえるカウンセリングを高める必要があります。

 

マンスリークーポン
ネット予約