日本においてのオーガニックの現状

2018.08.31

日本の法律ではメーカーの自主基準にまかされている

1.アメリカや日本のオーガニックの法律は緩やか 2.ヨーロッパのイギリス・イタリア・ドイツはオーガニックの定義は厳しい

日本のオーガニック市場は緩やかで、植物が多く配合されているヘアカラー剤はオーガニックです。
ヨーロッパはオーガニック団体で厳しく規制されています。
ミルボンはイタリアのヴェラドラ(イタリア中部ウンブリア州で有機栽培された植物由来の成分を配合したオーガニックヘアケアブランドです。)

国内で有数のオーガニックはアヴェダがトップセールスと販売量を記録しています。
都内の著名なヘアサロンが使っています。(ヘアサロンでの販売ですので利幅が大きく人気がある)

1.アメリカや日本のオーガニックの法律は緩やか

アメリカではアヴェダが人気も高い、日本でもかなり浸透していてヘアサロンのオーガニックといえば、
”アヴェダ”と一般の方でも浸透し信頼もありますね。
日本の場合のオーガニックの基準は基本メーカーにまかせています。

日本メーカーは植物由来90%のセールストークなどの文句でヘアサロンで、オーガニックヘアカラーと打ち出しています。
他の特色としてはツーンとしたアンモニア臭がない、保湿効果あるなど刺激&保湿をセールトークで販売。
日本ではナブラの ケアテクトカラーや、ハホニコリタヘアカラーなどがあります。

2.ヨーロッパのイギリス・イタリア・ドイツはオーガニックの定義は厳しい

ヨーロッパはオーガニックの定義が厳しく数値などの基準があり、オーガニック協会など各国に指定された協会があります。
イギリスでは王室では「ダッチー・オリジナルズ」は、チャールズ皇太子がプロデュースなど参加し深く関わっています。
通常のオーガニックよりもダッチーは高い、バターやクッキーなど食料品が多いのが特色です。

イタリアはヨーロッパの中でも、オーガニックの本場として認知されています。
専門メーカーとして 名高いKemon社が製造し、COSMOLABが世界15カ国で展開する。オーガニックヘアケアメーカーです。
自社工場で栽培された植物を原料に成分を配合しています。

ミルボンは民間非営利団体の中心的な役割のもとにヴェラドラを日本で販売しています。
本場のオーガニックといえばミルボンのヴェラドラが本流だと思います。

ドイツのオーガニックメーカーはエッセンシティケアのヘアカラー剤です。
ノンシリコン・ノンパラフィン・ノンパラヘン・合成香料不使用にこだわったアルカリヘアカラーです。
国内の中で原料にこだわりながらも鮮やかさや、ツヤなど質感を高めてオーガニックです。

 

 

 

 

 

マンスリークーポン
ネット予約