20代に多い人気のあるヘアカラー

2018.09.16

明るいヘアカラーからすこし暗めの寒色系のヘアカラーに

1.明るいヘアカラーから灰色系人気 2.ハイトーンヘアカラーが陰りが

3-5年は13トーンの欧米の女性のような色味(彩度)を希望する若い人が多かったですが、
いまは明るいヘアカラーからから色を落ち着かせる、灰色やセピア色など暗めにする人が多い。
メーカーなどもう一度明るいヘアカラーに商品を発売していますが、若い人にどちらかというと暗めに人気があります。

代表的な彩度としては寒色系の「グレイジュー」「セピア」「パープル」などがいい例です。
明るいヘアカラーからすこし暗めにみせるカラーです。

1.明るいヘアカラーから灰色系人気

すこし前まで数は少ないですが12トーン以上の明るいヘアカラーの人が多かったですが、
そんな若い子たちが「濃いグレイジュー」にする傾向にあります。
人気色の3トーンのブルーパープルのヘアカラーから一気にトーンダウンする。

メーカーの色番号は1~5トーンのブルー系・グレー系・セピア系などの中間色です。
ウエラコレストンであれば3/88のブルーパープル。
ミルボンであればアディクシーパープルガネットの低い明度の色を使う。

髪質によっては7トーン前後の明度でも色は出てきますが、
自分は失敗をしたくないので暗いヘアカラーを使います。

2.ハイトーンヘアカラーが陰りが

ブリーチ後の色を加えるダブルヘアカラーは、消費も落ちている傾向にあるようです。
ハイトーンヘアカラーはトレンドとしてヘアカラーの流行の先駆け的な意味がありますが、
ヘアスタイリストのほうがトレンドに惑わされているように感じます。

ハイトーンヘアカラーははやれせたのは、若い子や芸能人などの探求心が大きく、
プロであるヘアスタイリストは後でに回っているようです。
その証拠にヘアセミナーのブリーチのヘアセミナーが大盛況です。

「街を歩いている若い世代」がトレンドを引っ張ていて、
ハイトーンヘアカラーもかなり浸透しましたが、いまはすこし暗めのグレイジューヘアカラーにトレンドが進んでいます。
ハイトーンヘアカラーに陰りがの兆候が見え始めています。

マンスリークーポン
ネット予約