ヘアループは2週間に1回メンテナンス

2018.09.24

2週間に1回のメンテナンスが理想です

1.髪がやわらかい・ボリュームがでない人に 2.クオリティーを高めることが課題

いままでの髪を増やす(エクステのイメージ)から、前髪やつむじ周辺に髪デザイン提案する技術。
考え方ひとつでで印象も変わり、自分を変えささてくれる技術です。
BIOAM JAPANビヤオムジャパンは若い世代に指示されたいようです。

たしかに、髪を増やすというと大手の〇〇みたいなイメージがあって、
芸能人や政治家など人前にでる人気商売の人が、進んで髪を増やすイメージがありますが、
ヘアループの場合は少ない本数(形状記憶)が実現し、費用も安くすむのが特色です。

1.髪がやわらかい・ボリュームがでない人に

髪の本数が多いのに髪のボリュームでない、前髪を分からないような出ヘアデザインにしたいなど、
部分的な悩みをヘアループで解決してくれる。新しい技術でお客さまをよろこんでいただける。
ただの、髪を増やすとかだけではないヘアループです。

主な他社メーカーとの相違
1ヘアループの髪は京セラが開発し熱に強い 2.パーマやヘアカラーに耐えられる
3.形状記憶が半永久的に持続 4.本数が少なく装着性も早い

技術的には経験やデザイン性などクオリティーをあげる努力を行う。
スタイリストの力量に大きく差が出るので、ヘアサロンを選ぶ必要があります。
質の高いスタイリストに装着すれば、かなりの費用も少なくてすむので、スタイリストが技量を磨くことが大切です。

2.クオリティーを高めることが課題

ただ髪を増量し付けただけではなく。その次につながる(リピーター)のが狙いのひとつで、
技術内容によってその後の売上に貢献が可能です。施術も一般的には2カ月くらいですが、
髪をよい状態で維持し継続でき売上にも貢献できます。

60日前後でも付ける部位やヘアデザインによっても可能です。
ヘアループはリピーターが多いので、パーマやヘアカラーを入れておしゃれ感覚を楽しむこともできます。
ヘアスタイルの提案できるアイデアと、クオリティーの高さを提案できる新しいメニューです。

 

 

 

 

 

マンスリークーポン
ネット予約