ヘアループは初めて慣れない施術は労力を使う

2018.09.30

ビオアムジャパンは速く簡単と言っていますが

1.スタイリストの仕事内容には向いていない施術 2.アシスタントに単調な仕事内容なので合っている?

ビオアムジャパンのスタッフは簡単でしかも速く施術ができる!
とんでもないですよ、かかりっきりになるので営業の合理性に問題がある。
カットも入れても1250分~150分は、ヘアループのお客さま付きっきりなって、営業の流れに支障をきたします。

アシスタントが合う作業のような気がしますが、手が器用であればマッチしますが、そうでない場合は忙しい時は逆効果。
サロンの予約をしっかり整備しヘアループのお客さまを入れる必要があります。

1.スタイリストの仕事内容には向いていない施術

スタイリストの幅を広げるという意味ではいいですが、サロンワーク流れを重視したいサロンには向いていません。
仕事の質を重視するようなヘアサロン向きのメニューのような気がします。
かかりっきりの時間はしょうがないですが、お客さまを掛け持ちできないなど弊害(へいがい)も多い。

スタイリストによっては初めは300本で2時間くらいかかります。髪が細いと切れるし。ファイバー毛を床に落としたりならないことで時間もかかる。
非常に繊細な仕事なので、かけもちでお客さまを施術したりして無駄な時間と、疲れも半端ないですよ。
アシスタントにまかせられる手が器用な子であれば、とっても合理的にできそうです。縮毛矯正に似ているメニュー。

2.アシスタントに単調な仕事内容なので合っている?

スタッフも多くアシスタントが多ければ、ヘアループは理想的だと思います。
ただ、ヘアループは思ってよりお客さまが興味を持たないようです。
髪にボリュームが出ない人や、そうしてもピンポイントに髪を増やした人であればいいですが、割合でいうと対象の方は少ないですから。

過大な期待を抱くメニューではないですから、一部のお客さまが魅了を感じ、お客さまの単価アップにいいです。
2-3カ月に1回は手直しや、ヘアカラーやパーマなど複合メニューで組み合わせる。
顧客の中でもグレードの高い方に向いています。年間の周期が8回から10回以上ご来店してくださいます。

●お客さまにメニューをすすめるときは気をつける

ヘアループは増毛という側面がありますので、メニューの進め方には注意が必要です。
女性のデリケートな部分に入るので、増毛というよりボリュームを出すための、メニュー提案とお客さまにすすめるようにしましょう。
スタイリストが薄いまたは、髪が少ないと思っていても、お客さまは感じていない、または早急に髪を増やさないければいけないと思ってないケースがあるからです。

若い世代は単純にボリュームを出したり、髪の分けめをなくしたいなどデザイン重視が多い。
大人世代はダイレクトの増毛という一面も持っているので、説明の仕方には注意が必要です。

マンスリークーポン
ネット予約