美容室の高いヘアカラー剤と安いヘアカラー剤

2018.10.02

値段が高いほうのヘアカラー剤がいいのか、安いヘアカラー剤がいいのか?

1.細かな色合いを気にしない人であればコスト安のヘアカラー剤 2.ツヤ・色彩・手触り感を重視する場合は高いヘアカラー剤

お客さまの立場からみた場合は、こだわりがない場合は安いタイプのヘアカラー剤で十分です。
では、高いヘアカラー剤は「イルミナ」「アディクシー」のような特化したヘアカラー剤です。
通常のヘアカラーでは出せないツヤや、ダメージを小さく、色を均一にしっかり発色させるタイプです。

安いヘアカラー剤は簡単に説明すると2流メーカー品です。特別に特色があるわけではない、ヘアカラー剤の事故の処理の問題もあります。
色の発色もいたって普通で仕入れが安いヘアカラー剤です。

 

1.細かな色合いを気にしない人であればコスト安のヘアカラー剤

色の細かなこだわりやダメージを気にしないのであれば、2流メーカーで十分ですね。
いろの明るさも、白髪染めも、普通に染めるならば安いタイプのヘアカラー剤で十分です。
一般的に格安店や美容組合などで仕入れしている美容室で、2流メーカーのヘアカラー剤を使用しています。

仕入れが高いヘアカラー剤と比べ、半分の価格でヘアカラー剤を買うことできます。
それが美容室で払う金額にはねかえり、価格が他の美容室に比べ安くなるわけです。
美容室によってはスタンダードな料金をとっている、サロンでも2流メーカーを使っているので注意が必要です。

普通に見た目であれば素人ではわかりません。スタイリストでも判断ができない場合もあります。
美容室を選ぶ場合は格安店や、美容組合に入っていて超ベテランの美容室で使っています。

1.ツヤ・色彩・手触り感を重視する場合は高いヘアカラー剤

こだわりのある発色を希望する場合は高いヘアカラー剤にです。髪のダメージ、発色、ダブルカラーで使うヘアカラーなど、
そういったタイプのヘアカラーは素人の方でも認識できます。イルミナ、アディクシーなどはこだわりの高いヘアカラー剤です。
ただし価格がスタンダードな、ウエラコレストン、ミルボンオルディーブなどは使い方で発色も美しいです

ヘアカラー剤の高い、安いは仕入れ価格という側面で考えていますが、それ以上にヘアデザインであったり、
価格に反映されない部分もあって、イルミナよりコレストンやオルディーブのほうがいい場合もあったりします。
価格だけではない、ヘアデザインをベースに経験や知識が大切です。
 
 
 
マンスリークーポン
ネット予約