アクセントヘアカラー種類(塩基性ヘアカラー)

2018.10.25

髪のダメージを極力小さくビビットな色を楽しむ

1.マニックパニック(118ml) 2.エンジェルカラートリートメントバター(200g) 3.ニュートンカラークリーム 4.ロコル(300g)/ルベルタカラベルモント
5.アナップカラートリートメント(150g) 6.イゴラカラーワックス(98g)/ビューティズムシュワルツコフ

髪の表面~リング(輪っかのように包み込む)染色しダメージを少ない。トリートメントしながら、ビビットなヘアカラーを発色。
ツヤやアクティブな強い原色のイエローやピンクから、ダメージも小さくツヤ感プラス、ナチュラルタイプとさまざまです。

1.マニックパニック(118ml)/マニックパニックJP

ヘアエクステンションなどの染毛剤として扱われることも多いが、アメリカではダメージや不快臭の元となる成分をすべて未使用。
アメリカでビーター賞を受賞した「マニバニ」は、欧米各国の品質チェックにクリアした安心安全のヘアカラー剤。

ホームページこちら⇒

2.エンジェルカラートリートメントバター(200g)/クリップジョイント

ハイトーンの13トーン以上の明るいヘアカラー。このクラスですとクレイジーヘアカラーとも言われています。
驚くほどの発色が表現できる。絵具のように自由に混ぜて作れるのも魅力ですが経験が必要です。

ホームページこちら⇒

3.ニュートンカラークリーム(100g)/レブロン

ムラになりにくく短時間で発色し、退色時の変色も防ぐ独自処方の塩基性染料のブレンド、即効性の高いカチオン性クリームベースで、
高いカチオン性クリームベースで、高いトリートメント効果を発揮します。

4.ロコル(300g)/ルベルタカラベルモント

高密カチオンからなるクリームベースにより、染料が短時間で髪の内部に浸透。濃密ゼリーコートが毛髪を保護することで、
まるでトリートメントしたような仕上がり。

ホームページこちら⇒

5.アナップカラートリートメント(150g)/ビューティズム

ビビットなヘアカラーをたのしみながら、頭髪のトリートメントを同時に行うことができる、
アボガトオイルを配合した塩基性ヘアカラー剤。

ホームページこちら⇒

5.イゴラカラーワックス(98g)/ビューティズムシュワルツコフ

非イオン系のベースクリームを採用。色素の染着性を重視して開発し、クリアで高彩度な塩基性ヘアカラーを実現。
ホワイトとの併用でパステルカラーも自在に表現。

ホームページこちら⇒

マンスリークーポン
ネット予約