プロがアドバイスする良いドライヤーの選び方

2018.12.02

自分の髪にあったヘアドライヤーを選ぶ

1.ダメージ重視のマイナスイオンドライヤー 2.風速重視の時短ドライヤー 3.コストパフォーマンスに優れた一品

ドライヤーを一つとっても、時短重視、ダメージ重視、仕上がり重視、静音、耐久性や保証か好みや髪によって選別しましょう。
縮毛矯正やホット系パーマなどでダメージがある人は、イオン重視に髪と仕上がりが滑らかさを重視する。
ロングヘアでパワーのないドライヤーを重視する人。パーマや仕上げが必要な人など自分にあったドライヤーが必要です。

ヘアドライヤーを一つとってもパワー重視のサロンドライヤーや、dysonのプログラムの高額モデルや、コストパフォーマンスに優れたものまで。
中でもメーカー重視のモデルまで一般消費者がわからないドライヤーをチェックします。

1.ダメージ重視のイオンドライヤー

イギリスのダイソンは熱量を調整しある一定の温度が上がった場合に、温度調整し髪のダメージを防ぎ、ツヤのあるスタイリングが可能です。
マイナスイオンヘアドライヤーはアルカリによったペーハーを、弱酸性にもどし髪のダメージを小さくします。
ダイソンは熱量をコントロールしながら、業界トップクラスの速乾性があります。

国産の信用性を買いたい人は、パナソニックナノケアEH-NA98
前型のより風量口をワイドによりマイナスイオン効果を発揮し、ナノイーイオンの2つのイオンが出る。
髪の潤いとツヤをキープし仕上がりもラクに!

2.風速重視の時短ドライヤー

風量1500Wの速乾性が時短をもたされます。ヘアサロンで使っていてもこれほど風量があるドライヤーはありません。
ロングヘアの人は急な用事などで時間に追われている時にも最適です。
風量が1400Wのメーカーはありますが、1500Wで故障も少なく使いやすい。ただ、音がうるさいのがデメリットですが・・・

2.コストパフォーマンスに優れた一品

1.9 ㎥/分※1の大風量で、パワフル乾燥。軽くて使いやすい、重さ約475 gの軽量モデルです。
速乾ノズルでロングヘアも・硬く多いヘアも、毛束をほぐして、 スピーディーに乾燥 できる。音も静かでさすがパナソニックです。
ヘアサロンでも使っていますので、普段使う人でもどんなタイプの人でも使いやすい。
価格もアマゾンで4500円以内で買え、壊れても1年間は保証がついています。「パナソニック ヘアドライヤー イオニティ」

アマゾンヘアドライヤーホームページこちら⇒
楽天ホームページこちら⇒

 

 

マンスリークーポン
ネット予約