ウエラソフタッチを使ったダブルカラーレシピ(寒色)

ブリーチオンカラーは低アルカリが理想的なレシピ

1..寒色系からのヘアカラーレシピ

ブリーチオンカラーのレシピがわからない、考えてレシピを作ったが希望の色が出ない、

メーカーからのアドバイスがないなど、ヘアサロンのオリジナルのヘアカラーレシピがあれば別ですが、

ヘアカラーの得意のSHIMAやDabのようなヘアカラーが多いサロンいがいは、

普通の顧客のサロンでは、オーナーがヘアカラーを得意としているサロン以外はわかりません。

 

ブリーチオンカラーはやわらかい質感のヘアカラーのため、低アルカリでもあるソフタッチ(中性カラー)がよい。

染料が薄いのでブリーチ後のオンカラーに適しています。

 

目次

1.寒色系のヘアカラーレシピ


1.寒色系のヘアカラーレシピ


ブリーチ後のヘアカラー剤は、色や彩度や質感に変わるので、全てが低アルカリではありませんが、

一般的には低アルカリを使ったほうが、やわらかい質感がでる。

濃い色や濃厚な彩度を求める場合、6%やアルカリカラーを使うこともありますが、

 

やわらかな質感が多く、低アルカリを使うことをいつも頭に入れ、調合すると良いでしょう。

 

■グレーをミックスしたパール色

グレーミックスの冬の色でツヤのあるパール色がgood

(s6/7+s6/68+s6/6)+clear 10分

(5:1.3:0.2)=1:2  ox1.5%(1:2)

 

ソフタッチの3色とクリア剤を上記比率で配合。1.5%のオキシを2倍量をミックス。10分~15分放置です。

■重厚感のあるグレー

重みと強さの象徴を感じる金属的ないろ

s6/8+s6/68=clear 15分

20:1:6  ox1.5%(1:2)

 

ソフタッチの3色とクリア剤を上記比率で配合。1.5%のオキシを2倍量をミックス。10分~15分放置です。

■クールなグレイとブルーミックス

深みのあるインディゴブルー

s6/11+s6/8+s2/688+s6/68+clear 20分

1:1:0.1:0.1:8=1:2  ox1.5%(1:2)

 

ソフタッチの3色とクリア剤を上記比率で配合。1.5%のオキシを2倍量をミックス。10分~15分放置です。

■個性派でファッショナブルなオリーブ

自然の中の緑を感じさせるマット系ヘアカラーでシンプルな調合です。

s6/1+s6/7  15分

1:2  ox1.5%(1:2)

 

ソフタッチの3色とクリア剤を上記比率で配合。1.5%のオキシを2倍量をミックス。10分~15分放置です。

■グレイッシュなブラウン微妙は色合い

ナチュラルな自然の中で生まれた色合いでグレイにもブラウンに属さな中間色

s6/7+s6/1+s6/34+s6/6  15分

10:1:0.2:0.1  ox1.5%(1:2)

 

ソフタッチの3色とクリア剤を上記比率で配合。1.5%のオキシを2倍量をミックス。10分~15分放置です。

■まろやかな包み込む暖かみのあるブラウン

ミルクティーとカフェオレのような、ややブラウンがかった暖かみがある

s6/04+s6/1+s6/33  15分

1:1:.1  ox1.5%(1:2)

 

ソフタッチの3色とクリア剤を上記比率で配合。1.5%のオキシを2倍量をミックス。10分~15分放置です。