ホイルワークの意味と種類

2014.10.14

ホイルワークの意味

カラリングに陰陽を表すテクニックをアルミホイルで包み込み、髪の色を塗り分け表現する方法を、『ホイルワーク』と言います。

ローライト

ローライト引き締めてみせる効果があります。

フェイスラインなどに立体感や陰陽を表現するためのテクニックのことです。
ヘアデザイン上効果的な奥行が求められる部分に、フェイスライン・襟足・頭のハチの部分に、引き締めたイメージにすることができます。
ベースカラー・ハイライト・ローライトと組み合わせことが一般的です。

ハイライトとローライトをミックスし、ハイライトを浮きだす『ミラー効果』としても効果があります。

ハイライト

華やかなイメージや動き軽さの効果があります。

ハイライトとは、軽さと動きをだすことで使うテクニックをいいます。
ローライトをうまく合わせることにより、ハイライトがより効果的に使うことが多いようです。

ハイライトは多少膨らんで見えるため、髪に立体感や深みがでてきます。
ローライトを使うことでよりハイライトが生きてきます。

ホイルワーク

ウィービング

髪全体に動きや立体感をだすテクニック

細いすじの毛束『チップ』をとってスポーク状にカラリングするテクニックをいいます。
髪質やヘアデザインによって、太さ・間隔・縦や横に動きをだすことで表現することができます。

チップ状にわけとるため肉眼ではわからないこともあります。
それだけにホイルテクニックとして奥が深くデザインの幅が広いといえるテクニックです。

ベースカラー・ハイライト・ローライトとして使うよりも、
ベースよりも明るいヘアカラーをチップ状に使われることが多いです。

流山市にある美容室ヘアサロンウェーブはブログでヘア情報をお届けします。

マンスリークーポン
ネット予約