傷んだ髪のダメージケアQ&A

2014.10.23

シャンプーは毛髪の正しい理解あってこそ

夏の強い紫外線から髪をまもる知識。秋にダメージケアを正しく理解。
ベーシックなシャンプー選びを説明します。

頭皮を畑と頭皮におきかえて

毛穴が畑としたらまず良い肥料が必要です。頭皮から自然に良い油が頭皮を潤うように、
一日の終わりは汚れを頭皮や髪にあったものを選択します。

脂性・乾燥など毛穴にあった栄養補給をします。シャンプーの種類によっては毛穴から、
悪い油や汚れを除去し、良い油を補給するタイプを選んでください。

髪の構造

シリコンは市販のシャンプーは90%を占める

コーティング剤とは車のワックスみたいなものです。
髪をコーティングし艶感を化学的につくる油です。

主なものはシリコン・ポリマー・椿油などがあります。
洗い上がりから乾かしたあとサラサラ感があり効果が感じられます。

人口的につくられたものですが、シャンプーのため1日おわったあとなど、
髪に悪い油がのこり毛穴にたまり毛髪に悪い影響をあたえます。

美容師と相談し自分にあうタイプのシャンプー剤を選んでください。

髪は軽くたたくように乾かす

ヘアケアのあとのドライはタオルで軽くたたくように乾かします。
タオル全体の水分をふきとり、ドライヤーでかわかしやすくします。

タオルで乾かすことによりドライヤーでの時間が短縮されます。
ドライヤーの時間が短縮されることにより傷みも暖和されます。

朝は必ず水を髪に湿らせてからオイル系

朝はすこしでも時間がほしいのは断然女性です。すこしでも早くまとまる髪にする方法が、
髪全体に水を濡らしたあと洗い流さないトリートメントを塗布。

ドライヤーで根本から毛先までスタイリングします。
早く自然で髪もサラサラにぜひ試してください。

↓の商品はハホニコトリートメントぜひご使用ください。↓

髪のケアにおすすめケア剤

流山市にある美容室ヘアサロンウェーブはブログでヘア情報をお届けします。

マンスリークーポン
ネット予約