西野カナブリーチヘアカラーの仕方

2015.01.27

ハイトーンヘアカラーの正しい知識

西野カナさんはブリーチのヘアカラー。
彼女のヘアカラーに憧れている女性は多いですね!

実はブリーチの常識・非常識があります。
美容師さんの技術は見て覚える方法で習得しますが・・?

*ブリーチアンケートを調べたところ
1.『放置時間の長さ』で決まるいろの抜け具合   理解している美容師・・47%
2.ブリーチの塗布量で決まるいろの抜け具合    理解している美容師・・18%
3.ブリーチの部位によっていろの抜け具合がちがう 理解している美容師・・23%

ヘアカラー場合とくにに『ブリーチ』はヘアカラーの知識が必要なんです。
西野カナさんのようなブリーチをする場合。

ブリーチの現実なんです美容師でも高度な技術が必要です。
正しいヘアブリーチの仕方も同時に進めていきます。

西野カナさんのヘアカラーの方法

ハイトーンヘアカラーが彼女のトレードマークでが、
いまは暗髪にしていますネ!タモリさんの歌番組に出演していました。

今回はブリーチにポイントをおいてヘアカラーの方法を説明します。
よく美容師さんがブリーチの抜け具合によって、

2回ほど施術しますが本当は髪を傷める原因になります。
費用も倍になってしまい負担が大変です。

ブリーチの塗布のポイント
●スピーディーな塗布がカギ

●放置時間の長さで色の抜け具合が決まる
*時間を置くほど髪が傷むことを理解して下さい。

●ブリーチは部位によって抜け具合がちがう

ハケを立てて使用しますムラが多いのは美容師さんのハケの塗り方が誤っている。
ハケを寝かすと裏の面が薬につかないのでムラができてしまうのです。

ヘアサロンウェーブの詳しい『ブリーチ』HPこちら➡

西野カナさんのメニュー

いろいろな配色を楽しんでいますね。
色合いも種類によって髪にはいるスピードがちがってきます。

暖色系なので色が早く入り、根本部分はしっかり入り、
毛先は浅く色がはいる性質があります。

寒色系は逆の反応がおこり法則を覚えておく必要があります。

彼女のヘアカラーのあとにミルキーヘア(暖色系)やグレー(寒色系)ヘアカラーなど、
気分や曲のイメージによって使いわけていますね!

ミルキヘアカラー
グレーヘアカラー

流山にある美容室ヘアサロンウェーブは毎月クーポンを発行中です。
ぜひご利用下さい。

マンスリークーポン
ネット予約