ヘアカットを希望のヘアスタイルにする方法

2015.02.11

ヘアカットの切り方でヘアデザインが変化

ヘア切り方によって髪の、おさまりかたや跳ね方が変わってきます。
カットはコームを使ったり、指でおさえてカット、
ハサミの切り口を変えるポイントなど、さまざまな切り方があります。

ヘアデザインが変化

コームブラント(ノンテンション)

コームで髪を押さえので、ムダに力が入れず(ノンテンション)に、
落ちる毛を自然にカットします。線として直線のラインに一番カットできる。

フィンガーブラント(指で押さえる)

指を入れることによりムダな力が入ること、指の太さによってラインがる、
髪が硬い人やくせの強い人は、コームブラントができない時は、

この技法がベストです。

ポイントカットギザギザ(のこぎりの刃のような切り口)

ハサミを縦に入れることのにより、柔らかなラインに適しています。
かっちりカットが好きでない人、毛先が軽くなり丸みもでてくる。

ポイントギザギザ(浅い場合)

ポイントカットの縦よりもさらに深くカットすることにより、
さらに柔らかな切り口が可能になります。

ショートからボブまでの長さが使います。

ポイントギザギザ(深い場合)

ギザギザな刃に入れることでさらに軽くなります。
隙バサミのような切り口が可能になります。

ストレートなシャギーなタッチで使用します。

ヘアデザインはカットで自由自在

カットの切り口に表現が変わります

髪質や好みのデザインによって、美容師としての幅が広がります。
お客様のクセや毛流によって、ハサミの切り方を変えていきます。

カッチリ感が苦手で柔らかい、質感をカットによって表現し、
多種多様な好みをハサミによって、お客様を満足度をアップさせます。

『ヘアカットを希望のヘアスタイルにする方法』
を使うことで希望のヘアスタイルを手に入れることが可能に!

ヘアデザインはカットで自由自在

流山市にある美容室ヘアサロンウェーブは、毎日お客様にヘア情報を!

マンスリークーポン
ネット予約