ヘナカラーを時短で施術する方法

2018.04.19

高温で薄めクエン酸で促進を高めます

1. 90°度前後のお湯を薄めます 2. ヤング世代にはヘナとアルカリ剤を使いこなす

ヘナは常温の低い温度で混ぜることは色の入りが悪くなるので、
お湯の温度は90°度で混ぜていき湯煎することで効果が高まります。
ヘナはミドルエイジの白髪染めの他にも、ヤング世代にはアルカリを使うこともできます。

1.90°度前後のお湯を薄めます

ヘナは高温でミックスすると染料効果が高まります。
ヘナの配合の最後にはクエン酸をミックスし酸化によって発色も高まります。
ミックスしたヘナには湯煎することで色も入りもよくなります。

お客さまに頭皮にすこし熱いヘナ剤を塗布することで、
気になることもありますので「色の効果が高まります」ひとこと声をかけましょう。
90°度で塗布しても実際の頭皮の温度は40-50°くらいなので問題はありません。

ヘナの施術に参考になればとリンク動画こちら⇒

ヘナの施術や基本的なことが動画で詳しく説明されています。
注意することは髪に汚れなど付着していることがあるので、
シリコン除去と水を混ぜて髪や頭皮の汚れやシリコンも同時に落とすことでヘナの色の発色も高まります。

1.ヤング世代のヘナとアルカリ剤をミックス

ワンメイク(一度塗り)をヤング世代にする場合は根本をヘナで毛先をアルカリ剤を使用します。
根本はやや暗めのオレンジヘナをつかい、毛先は暖色系のオレンジやまろやかな赤味のベージュを使います。
根本と毛先にグラデションでおしゃれ感が表現できます。

ファッションヘナの動画も紹介こちら⇒

披露宴やお祝いのヘアセット(アップヘア)

2018.04.14

サイドにロープ網(編み込み)に後ろで毛束をまとめます

1. 髪の量や好み骨格で似合うようヘアセット 

髪の表面をほどくようなまとめ髪が多くなっていますが、
好みや顔のカタチに合わせることがポイントです。
髪量にもまとめる質感やボリュームを変える必要があります。

洋装はロープ網や編み込みを入れ後頭部にお団子でピン留めまとめます。

1.バックシニヨン風でまとめる

顔回りの送り毛にカールやストレートでかわいらしさの印象をつけ、
サイドはロープ網や編み込みをいれ後頭部はお団子&カールでまとめます。
ボリュームは髪量のバランスと、顔回りは似合うせるよう整えます。

髪の表面は指でほぐしキッチリさせないよう自然に仕上げます。
全体の髪の表面は緩いカールなどミックスすることでシルエットが整えるようです。

●髪の量を生かしたヘアセット
髪が多くて硬い人にはロープ網や編み込みをいれ毛量を生かし、
ツヤや量感で表現力をアップさせましょう。

少ない毛量の人は髪にボリュームがでるようなへデザインでまとめます。
着物や洋服でもあうヘアセットが喜ばれるので意識して仕上げるのがコツになってきます。

1 2 3 4 5 463
マンスリークーポン
ネット予約