脱毛予防に髪に良い栄養価の高い食べ物

2017.06.23

 1日で考えずに計画的に段階的に摂取します

A.動物性や植物に含まれている食品 B.野菜などに多く含まれるビタミンA・ビタミンB群
髪は毛根にある真皮からの影響が大きく、加齢や生活習慣などでが原因で脱毛を予防することが大切です。毛髪には毛が生え変わるサイクルを理解することが必要です。毛穴から生えてくる毛髪は1本ではなく、3本の髪が交互に抜け落ち生え変わるサイクルが確立しています。新生毛・成長毛・休止期毛と3番目が抜け落ちた後に新生毛が生えてくる繰り返しから成長します。毛穴から毛髪がなくなることはないような仕組みです。ただし、不摂生な生活や油分を過剰にとって皮脂が多くなり、毛穴が詰まりサイクルを止めてしまい、毛髪の成長を阻害します。

脱毛予防に髪に良い栄養価の高い食べ物

1.動物性や植物に含まれている食品
「ケラチンを生成する成分」
脱毛予防に重要な食品としては「うなぎ」「カキ」「あさり」などです。
亜鉛やビタミンAなど多量に含む動物性たんぱく質です。
亜鉛はケラチンを生成するために必要な栄養素で、不足すると脱毛など起こしやすい。
亜鉛は体内から生成されず、外部から摂取し育毛を高め脱毛に効果があります。

動物性や植物に含まれている食品

2.野菜などに多く含まれるビタミンA・ビタミンB群
「細胞を活性化させ血液や神経などの新陳代謝を高める」
ビタミンAに多く含まれる食品は、にら、にんじん、カボチャ、春菊などが含まれ。
バターや鳥レバーなどをバランスをよく食べるようにしましょう。
ビタミンAは細胞を維持する働きがあり、
皮膚や頭皮など働きを活性化させターンオーバー(新陳代謝)を高めます。

野菜などに多く含まれるビタミンA・ビタミンB群

紫外線からシミを守るスキンケア対策

2017.06.12

6月~7月は冬の4倍の紫外線はシミが発生するシーズン

A.紫外線の影響について  B.紫外線から守るスキンケア C.メラニンとの重要性
紫外線はシミ、ソバカス、日焼けなど老化を早め肌にダメージを与えます。太陽光線には可視光線(人間が感じられる光線)と紫外線(可視光線よりも波長が短く有害物質が含まれる)があります。人に有害なUV Cはオゾン層などで吸収され、地表には到達しません。破壊的なパワーを生みます。UV Bは地表は一部は地表に到達し皮膚の一部である表皮に吸収・錯乱され到達します。紅斑またはサンバーンと呼ばれ、皮膚がんの原因とされています。UV Aは生活紫外線とも呼ばれています。UV Bほどパワーもありませんが、長時間浴びた場合は健康影響が心配があります。皮膚透過性が高く、真皮(皮膚内部)まで到達します。紫外線は1年のうち4月~9月まで強く、6月~7月は冬の4倍といわれています。

紫外線からシミを守るスキンケア対策

①紫外線の影響について
「ターンオーバーが速まり不完全な組織が未成熟に」
紫外線を浴びてダメージを修復しようと、皮膚内部の細胞が速まるために不完全な状態を生み出します。結果バリア機能や保湿効果の機能が低下します。紫外線を浴びたことで、メラニン色素の過剰生成が起こり、シミやくすみや皮膚(サンバーン)が黒く残ってしまいます。UV Aなどは皮膚の内部までメラニン色素まで到達するため、真皮内の繊維質などのダメージが残ります。

紫外線の影響について

②紫外線から守るスキンケア 
「皮膚ダメージ原因シミについて」
皮膚のダメージの中でもシミは女性の敵ですね。シミなどの原因としては遺伝が大きいとされますが、紫外線からもメラニンが過剰生成され、排出ができない状態がシミが色素沈着として表れます。スキンケアの鉄則は紫外線を過剰に浴びなないこと。日焼け止めクリームを塗って体を守る。美白効果のある基礎化粧品を使い、ターンオーバー(新陳代謝)を促進し、メラニンを排出する。

 

ホメオスタシスの役割

①メラニンとの重要性
「メラニンから外部刺激から守る」
メラニンは皮膚の最深部の基底層から生成されます。メラニンを含む表皮細胞でバリア機能として存在し、細菌や紫外線などの外部刺激から守ります。身体生命の外部環境から守り、保護する役割であるホメオスタシス恒常性維持機能など重要な器官として程よい状態に保つようになっています。

 

 

1 2 3 4
マンスリークーポン
ネット予約