肌のトラブルの予防とケア

2017.07.28

皮膚科学から肌のケアについて

髪の頭皮から皮膚科学までヘアケアマイスターで勉強したものを情報としてお伝えします。
髪と頭皮はもちろんですが女性が気になる肌についてまとめました。

「UV A生活紫外線に要注意」
紫外線を浴びると基底層であるメラノサイトの機能を低下させ、
メラノサイトとは・・・メラニン色素を作りだす組織
また、人体に有害な紫外線から肌を守る大切なものです。

UV A生活紫外線に要注意

「しみ・そばかす」
本来なら新陳代謝にメラニン色素は古い角質とともにはがれ落ちていきますが、
新陳代謝が衰えたりメラノサイトの働きがおさまらなくなると、
メラニン色素が排出されずきれずしみとなって現われるのです。

「タバコとビタミンC」
ビタミンCは体内に蓄積されずらい物質のため、タバコを吸うと破壊がさらに進みます。
タバコは毛細血管を収縮させ肌のくすみの原因ともなります。
ビタミンCを摂取するよりもタバコの本数を減らす努力が大切です。
肌のトラブルの予防とケア
「肌の老化を招くワースト」

1.紫外線を浴びる 2.乾燥(水分をまめに) 3.油分の摂りすぎ 4.外部刺激 5.偏食・夜更かし

肌のはり髪の毛髪に良い栄養素

2017.07.24

1日に五大栄養素をしっかり摂る

間食したり、好き嫌いがあって隔った食事が悪い方向に!
1日に必要な栄養素を摂るのがバランスの良い食事です。
糖質・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル・食物繊維です。

野菜などに多く含まれるビタミンA・ビタミンB群

目次

1.頭皮に良い栄養素

2.皮膚に良い栄養素


頭皮に良い栄養素


「うなぎ」「カキ」「あさり」

■動物性タンパク質を含む 亜鉛・ビタミンA群Bなどetc

亜鉛は体内から生成されない、外部から摂取し育毛効果を高め脱毛を予防します。
ビタミンAは動物性タンパク質が多量に含まれています。

亜鉛は毛髪のケラチンは体内では生成されないために、
金属を含んだ牡蠣やあさりなど亜鉛を含んだものを体外から摂取します。

ビタミンAに多く含まれる食品は、にら、にんじん、カボチャ、春菊などが含まれ。
バターや鳥レバーなどをバランスをよく食べるようにしましょう。
ビタミンAは細胞を維持する働きがあり、
皮膚や頭皮など働きを活性化させターンオーバー(新陳代謝)を高めます。

肌と毛髪に効果のある栄養素を摂ることで毛髪や肌にプラスです。

動物性や植物に含まれている食品


皮膚に良い栄養素


コラーゲン・ムチン

■肌のつや、はりを保つ コラーゲン・ムチン・ビタミンA~B~C・ビタミンB1・ビタミンE

肌に、はりや弾力に与えます。たるみが気になる人。
みずみずしい肌になりたい人は、積極的に摂りたいもはコラーゲンや動物の骨や皮。

ムチンはねばねばした食品豚のひき肉の多く含まれます。ビタミンBビタミンB1はニキビ吹き出物を防ぐ。レバー・海藻類・豆類・さけ・・etc

美白効果のあるビタミンCはイチゴ・ブロッコリー・とまと・レモンに多く含まれます。血液をサラサラにするビタミンEマーガリン・ナッツ・さんま・たらこは肌のくすみを防ぎます。

肌の潤いを保つビタミンA、小松菜・かぼちゃ・にんじん
うなぎやほうれんそうや牛乳にも含まれます。

日本人と外国人の皮膚のちがい

1 2 3 4 5 6
マンスリークーポン
ネット予約