皮膚のシミ・しわ・たるみについて

2017.10.19

シミ・しわ・たるみと皮膚について

A.皮膚はシミ・シワ・たるみの肌のケアが大切 

皮膚から作られる天然の保湿力のある膜(角質層)がガードし身体を守っています。
毎日のケアと肌にあった皮膚をコントロールすることで、
シミやたるみやシワなどの皮膚トラブルを防ぎます。

症状にお悩み部分があるかを把握することです。
身近に皮膚のお手入れや改善点をアドバイスします。

1.皮膚はシミ・シワ・たるみの肌のケアが大切

皮膚は外部からの細菌や化学物質などの侵入を防ぎ、バリア機能と水分を貯蔵する構造になっています。
毛髪でいうとキューティクルな部分は「角質層」で撥水性※です。
※撥水性(油分を吸収しやすい)

体内の水分の揮散や細菌や薬品などを防ぐ機能があります。
そして常に新陳代謝を繰り返し肌の弾力を保っています。

紫外線は「シミ」「ソバカス」など皮膚を悪化させ、老化を促進する要因をもっています。
紫外線にもっとも効果的なのは、日焼け止めクリームです。
外出を控える、帽子や日傘、ファンデーションなどで防御する必要があります。

 

保湿は皮膚でもっとも大切なケアといわれています。
肌のコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンは筋肉が衰え、皮下脂肪も支えられなくなり、
「たるみ」や「ハリ」に影響します。

■シミ・しわ・ハリの原因とスキンケア

●シミの大敵は紫外線や遺伝性だと言われていますが、
老化による皮膚の機能低下によって、シミが大きくなったり、増えたりします。
美白効果のある基礎化粧品や日焼け止めクリームで防ぐことです。

●シワは肌の類粒層・有棘層などが加齢による機能低下が原因で、
肌の乾燥や顔の表情筋の低下などで深い溝が現れます。
クリームや肌のターンオーバーを順調に、とくに、口元や目元に美容液も効果的です。

●たるみは肌の真皮にあるコラーゲンやエラスチンなどが加齢により、
筋力が衰えてくることが原因です。フェイスマッサージや筋肉を動かすことが効果的。
タンパク質のコラーゲンやヒヤルロン酸なども摂取することが大切です。

 

 

 

肌のトラブルの予防とケア

2017.07.28

皮膚科学から肌のケアについて

髪の頭皮から皮膚科学までヘアケアマイスターで勉強したものを情報としてお伝えします。
髪と頭皮はもちろんですが女性が気になる肌についてまとめました。

「UV A生活紫外線に要注意」
紫外線を浴びると基底層であるメラノサイトの機能を低下させ、
メラノサイトとは・・・メラニン色素を作りだす組織
また、人体に有害な紫外線から肌を守る大切なものです。

UV A生活紫外線に要注意

「しみ・そばかす」
本来なら新陳代謝にメラニン色素は古い角質とともにはがれ落ちていきますが、
新陳代謝が衰えたりメラノサイトの働きがおさまらなくなると、
メラニン色素が排出されずきれずしみとなって現われるのです。

「タバコとビタミンC」
ビタミンCは体内に蓄積されずらい物質のため、タバコを吸うと破壊がさらに進みます。
タバコは毛細血管を収縮させ肌のくすみの原因ともなります。
ビタミンCを摂取するよりもタバコの本数を減らす努力が大切です。
肌のトラブルの予防とケア
「肌の老化を招くワースト」

1.紫外線を浴びる 2.乾燥(水分をまめに) 3.油分の摂りすぎ 4.外部刺激 5.偏食・夜更かし

1 2 3 4 5 6
マンスリークーポン
ネット予約