中間水洗の必要性はどうして必要なのか?

2019.02.20

1剤の還元剤と2剤の過酸化水素を流すことでダメージや色の持続性を高める役割

1.1剤に残留アルカリ+余分な1剤を流すこと 2.2剤の酸化作用を高める

残留アルカリや還元剤を除去し、ダメージを小さくし、酸化しやすくなる。
パーマの持続も高まる手入れのしやすいヘアスタイルが維持できます。
まだまだ「中間水洗」の必要性を理解していない人も多いようですね!

 

1.2剤の酸化作用を高める

●1剤に残留アルカリと2剤の酸化作用を高める

中間水洗を行うことで髪の損傷を最小限にし、十分なウェーブ効果と持続力を高める。
アンモニウムなどのアルカリ剤やチオグリコール酸、システアミンなど還元剤を除去するためです。
ヘアケアマイスターの中で勉強した成分である、塩結合やジスルフィド結合(S-S結合)の切断が進みすぎ、毛髪は膨張し、ダメージの原因。

中間水洗により還元作用をストップさせることで、アルカリ剤や還元剤を流すことで、
髪の負担を軽減し、損傷をまぬがれることができます。

2剤の酸化作用を高めることも中間水洗を行う理由です。
酸とアルカリが中間水洗をしないことで、酸とアルカリ剤が中和反応や酸化還元作用が毛髪内で熱を発生し、
かかりムラやパーマの持続力を弱めてしまいます。

1.2剤の酸化作用を高める

●活性炭素が発生することで脱色が起きる

1剤の残留アルカリ剤の影響で、過酸化水素が分解が急速に進み「活性炭素」が多くなって、過剰酸化による脱色が進みます。
中間水洗を行うことでパーマの種類に問わず、髪質やパーマの種類にかかわらず必要な操作であること。
ヘアデザインを維持するためにもカール感の弱いパーマが多いので中間水洗は大切です。

若い世代は美容学校で教育されていますが、ベテラン世代の人は中間水洗を行わない人もおおいのも事実です。
お客さまからよろこんでいただくためにも必要な操作であることを認識してください。

 

 

 

 

 

パーマロッドの種類と使い方

2019.02.14

ピンパーマ・円錐ロッド・ロングロッドなど素材や円周にこだわった商品

1.ピンパーマや円錐ロッドはショートヘアに使われる 2.ロングロッドは主にセミ・ロングヘア

ショートヘアのレディスやメンズのショートヘアに使われます。クルクル感やかかり具合をやわらかい質感に使います。
ロングロッドやロングのスパイラルロッドは、セミ・ロングヘアで希望のヘアスタイルに仕上げます。
スタンダードなロッドでは表現できないヘアデザインの質感のために、新製品のロッドが数多く発売されています。

1.ピンパーマやスパイラルロッドはショートヘアに使われる

ロッドでは表れないスポンジを使ったタイプも発売されていますが、このタイプもスパイラルに似たかかり具合が特色で、
ショートヘアなどくるくる感を出したくないショートヘアに使われます。
スタンダードなタイプのロッドは毛先の円周が小さく細かなウェーブが出てしまい、おさまりが悪く手入れがしずらいためです。

円錐ロッドやスポンジロッドは弾力性がありやわらかい質感が出てきます。スパイラルは毛先かかりがすこし強めですが、
新生毛から中間部まではルーズにかかるので強くかかることがない、ショートヘアはクルクル感のようなウェーブではなく、
カール状にかかる質感が多くデザインを表現するための必要アイテムです。

ピンパーマやロッドなど組み合わせてもおもしろい質感が表現できます。
ピンパーマなども2回転半巻いてパーマをかければ、カール感もよくボリュームも出ますが、ピンパーマの特色のクセのようなかかりが出てしまうので、
ロッドなど組み合わせてピンパーマにあるクセ風をぼかすことができます。ピンパーマ&ロッドもおすすめです。

2.ロングロッドは主にセミ・ロングヘア

スパイラルロングロッドやロングロッドは長めのヘアスタイルが多いですが、理由はスパイラル状に毛先から新生毛まで均一にかかるからです。
大人世代の人でも若い世代でもダメージ毛の人が多い、毛先を強く既存毛は弱くのカールやウェーブではなく、
中間部から既存部まで均一にかけるパーマヘアが主流になっています。

ひと昔であれば毛先から新生毛まで強くかけるウェーブが多かったですが、いまはカール感のあるヘアデザインを希望する人が多いからです。
古いと思うヘアはクルクルのあるデザイン性が欠けるパーマで、お客さまは気ずいてヘアデザインと仕上がり感を希望なされます。
ヘアスタイリストの中にはヘアデザインよりも、ウェーブがかかっているヘアスタイルを重視する人も多い。

もちろんパーマがとれやすく、パーマのウェーブを求める人も多いですが、ベースはヘアデザインを主に考えるスタイル提案が望まれます。
そんな意味もあってパーマで扱う道具も、素材ロッドやスポンジなど質感を重視するパーマ道具にこだわっているスタイリストが多い。
ただ、そこにはベースカットがあって表現力もアップできるので、カットの勉強が常に必要ですね!

コメント

月1回はパーマやヘアカラーやカットなどデザインセミナーで勉強していますが、
ほとんどのサロンはパーマや道具に対して、研究心があって勉強している人が多いですね。
とくにパーマは人からのアイディアやセミナーなども必要ですが、自分の頭で考える創作力が大切だと実感します。

 

 

 

1 2 3 4 5 63
マンスリークーポン
ネット予約