大人の女子のヘアカウンセリングの仕方

2017.08.13

大人女子世代の分け方

A.独身OL系・キャリア系 .B.結婚子育て系・結婚共働き系
カウンセリングを効果的にするためにはなにを望んでいるかがキーポイントです。
女性でも既婚に未婚。共働きや子供の有無・・・。同じ世代でも、生活背景に大きく幅がある。
カウンセリング時「できない」からの解放を解いていく必要があります。
この世代の女性たちは、コギャル文化を体現し美容に対して美容経験値が高い人ばかり。

パーマ・・髪はひどく傷む、軽くする・・削ぎでペラペラになる、ストレート・・極端な直毛になる。
誤解を解きながら「できない」を克服するカウンセリングにスポットをあててみました。

 

独身OL系
独身OL系はモテる意識を強く、ヘアスタイルに時間と労力を惜しまない。
明るいヘアカラーやホット系パーマなど女性らしいヘアデザインを好む女性たちです。
美容師からの積極的な提案を持っている女性です。

独身OL系

キャリア系
仕事もプライベートも活動的で時間がない女性。「傷を目立たせない施術」や、
「手間がかかってる感」提案がよろこばれる。
情報感度や美へのこだわり感が強い、自分に似合うものを知りつくし、

ナチュラルかつ「自分だけの個性」が香るデザインを好む。

キャリア系

結婚子育て系
家事や育児もあるので手入れのしやすいヘアスタイルが好まれます。
ボブヘアなどの流行に敏感なデザインを積極的に取り入れてくれる。

ライフスタイルに合った設定が選ぶ基準。
ヘアカラーはヘアサロンが当たり前の世代です。

結婚子育て系

結婚共働き系
生活能力もあり仕事もプライベートも充実したスタイルが確立している。
洗練されたヘアデザインを好む傾向がある。
手入れ感とヘアデザイン性のある髪型を好む。

 

結婚共働き系

 

 

 

カットが生きるブローテクニック

2017.05.26

軽視しがちなブローテクニック

A.カットラインを生かすブロー C.シャープ&やわらかい質感
カットが的確なラインで切っても、仕上げブローが適切になされていない場合は、カットの良さが失われますが、逆に場合カットがアバウト(つながりにもよりますが・・)な場合でもブローが適切であれば、キレイな仕上がりになります。それだけスタイリングはストレートでも、緩やかな手もみのナチュラルでも、仕上がりブロー技術によって印象が変わります。もちろん、カットが正確でブローも適切であれば質の高いヘアスタイルに仕上がります。

カットが生きるブローテクニック

①カットラインを生かすブロー
「ストレート&カールを自由自在」
前髪の表情のストレートやロングヘアの毛先のカール感など、
ブローによってお客様をキレイに見え信頼感アップ。
お客様の前髪のスタイル変化させる場合は、顔回りのヘアデザインをすこし変えるだけで印象が変わります。カットでベースをつくるわけですがデリケートな前髪は、ブローのロールブラシなどで毛先にカールをもたらし、女性らしさや髪にボリューム感と優美な雰囲気を出します。ブローテクニックがデザインのカギを握っています。

カットが生きるブローテクニック

②シャープ&やわらかい質感 
「デザインによってブラシを変化させます」
10代の前下がりバンクのスタイリングや、女性らしいカールヘアなどブロブラシによってもたらすデザインです。いま、ヘアの傾向はやわらかいふわっとしたヘアデザインは、指などもみこみみながらつくるデザインも、部分的にロールブラシなどをつかい仕上げます。サロンワークでもテクニックとして覚えることで、お客様に提案する幅が広がり提案力がアップします。ストレートはクセを伸ばし、カール力をつけることで女性らしさを強調することです。

カットが生きるブローテクニック

 

1 2 3 4 5 35
マンスリークーポン
ネット予約